神奈川でも需要が高まるエコカラットの魅力

マンションの問題のひとつに、鉄筋コンクリートで構造のため室内の湿度をコントロールできないという事があげられます。
木造住宅の場合、木材そのものが水分を吸収したり吐き出したりしますから、室内は適度な湿度を保たれることができるのですが、マンションでは不可能です。



そのため、特に寒い冬だと、室内に暖房を付けますから、外気との温度差が広がり結露が発生しやすくなります。



そのままにしておくと、タンスなどに水分が溜りカビなどの原因になり、ひどい状態になると、体調に影響を及ぼすこともあります。
神奈川県内には数多くのマンションがあり、深刻な問題として住民を悩ましてきました。こうした問題を解消するために開発されたのが、エコカラットという壁材です。



調湿・吸着機能に優れており、結露、シックハウス、カビ、ダニなど、特に鉄筋コンクリート構造の室内の問題解消に大きな力を発揮しています。

エコカラットは、日本の気候と相性の良い土壁をルーツにもつ多孔質セラミックスを原材料としていますが、非常にスタイリッシュなデザインであることも特徴で、スタイリッシュなマンションが立ち並ぶ神奈川県内でも新築、リフォーム問わず人気が高まっています。

また、今までは取り扱う業者も限られていましたが、神奈川県内でも取り扱う業者が増えてきており、今後、さらに需要が高くなると思われます。自宅は、生活の基盤となる空間ですから、快適に過ごしたいものです。

そういった観点からも空気をキレイに保ってくれるエコカラットは、おすすめの壁材だといえます。

関連リンク

寝室にエコカラットを使う神奈川の住宅

冬場になると空気が乾燥してしまい、定期的に喉が痛くなってしまって困っているという人は、寝室の湿度管理に注意をしてください。リビングの湿度が一定のラインを保てていたとしても、寝室の空気が乾燥しているだけで、寝ている間に喉に異常が起きてしまいかねません。...

more

エコカラットのショールームは神奈川にもあります

冬になると窓の結露がひどい、部屋干しをすると部屋がジメジメする、寝室がカビ臭い、タバコやペットの臭いが気になるなどでお困りの方には調湿機能のあるエコカラットをおすすめします。調湿機能といえば珪藻土が有名ですが、このエコカラットは「土壁」と「焼き物」を融合することで、珪藻土よりも高い調湿機能を持っています。...

more