湿度調整に優れるエコカラットを施工する神奈川の業者

住宅を建てる際に内装の壁に使われる建材には種類があります。建材の種類によって、室内の快適性が変わってきますが、神奈川周辺でエコカラットという、内装壁材に対する取り扱いが見られるようになっています。
この内装壁材には多孔質セラミックという材料が使われており、1ナノメートルのとても小さな孔がたくさんあるのが特徴です。
孔を通じて湿気を吸着したり、排出することによって、湿度調整をスムーズにコントロールできるようになります。神奈川でエコカラットを施行する業者として、横浜にワイズ・ブレインが存在します。



この業者は神奈川でエコカラットの施工を担当するだけでなく、東京や千葉、埼玉などの地域にも対応が可能です。施工エリアとして紹介されている地域以外でも、相談次第で対応できる可能性があるため、問い合わせてみることをおすすめします。

新築の注文住宅だけでなく、マンションやリフォーム、モデルルームなどへの施工の実績を持ちます。
見積もりは無料です。



無料でサンプルを請求することもできます。



キルトやカッセ、パールマスクなどの種類が用意されており、選んだものによって基本料金が割増になる料金体系です。

スタンダードなものであれば、高さと幅が909mmまでの施工で、7600円です。

高さが2727mm、幅が3030mmだと、7万8850円の料金がかかります。


コンセント周りの加工によって追加料金が発生するため、現地調査できちんと見積もりをしてもらうことが大切です。

関連リンク

神奈川でも需要が高まるエコカラットの魅力

マンションの問題のひとつに、鉄筋コンクリートで構造のため室内の湿度をコントロールできないという事があげられます。木造住宅の場合、木材そのものが水分を吸収したり吐き出したりしますから、室内は適度な湿度を保たれることができるのですが、マンションでは不可能です。...

more

エコカラットは神奈川の住宅のリビングにぴったり

家族の誰かが毎日のように煙草を吸っているせいで、リビングに煙草の臭いが漂うになってしまったという家庭は日本にも数多くあります。そんな臭いに関する悩みを解決するために、芳香剤などを数多く設置していると、煙草の臭いと芳香剤の香りが混ざって、おかしな臭いを発する事になりかねません。...

more